2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
会社紹介
 
ふるさと館

和歌山県地元の農産物と名産品を中心にした直売所
すっぴんジュース・ジャバラードなどのオリジナル商品の製造販売も行っています。

【住所】〒641-0014 和歌山県和歌山市毛見1527 和歌山マリーナシティ 紀ノ国フルーツ村内

【電話】073-446-6030

【定休日】年中無休
     ※例年1月下旬と7月上旬に5日間、施設点検等での臨時休業日があります。

【営業時間】平日 10:00〜17:00
      土日祝日 10:00〜18:00
      ※年末年始など特別イベントの際に営業時間延長があります。

【創業】2006年4月

【代表者】中村尊泰

【系列店】
 ・シトラスキッチン:和歌山マリーナシティ内
 ・シトラスハウス:道の駅 ねごろ歴史の丘
 ・シトラスハウス札幌店:北海道札幌市
 ・CSキッチン:JR海南駅前


ふるさと館のキーワードは「美味しさ」

和歌山県の地元食材を数多く知る、ふるさと館代表の中村が
「美味しい」と感じる、和歌山で生産されたものや、
和歌山産の原料を加工したもの、
和歌山の伝統的な技術で加工されたものを中心に取扱いをしております。

加工品についてはあまり添加物を使ってないほうが美味しいものが多いと感じています。
原料割合を抑えて、添加物を必要以上に使うのは、
高い原料費を抑えるためや保存性を長くする目的が一般的です。
しかし原料割合の多いものや原料を吟味したものはやっぱり美味しいです。

また、和歌山で取れる農産物も、美味しい産地や美味しい農産物を栽培する生産者がいます。
必要以上にホルモン剤の使用をする方やいろんな薬剤散布する生産者の方は
ご遠慮させていただいていますが、美味しい農作物を作るその生産者の人となりをまず見て、
さらにその人の生産したものを食べてみます。
そして毎日パクパク食べられる農産物が一番美味しいと思っています。

今の時代は農業や加工食品の分野もずいぶんと進歩しています。
農業で美味しいということは甘いという言葉と同じになることが多いのです。
甘い農産物を作るためには様々な栽培方法があるようですが、
あんまり無理をしない栽培方法(植物に無理をさせない)で
甘くてコクのあるものが一番安全であるし、
安心できることは美味しいことにもつながると思っています。

そのような感じで、私、中村の感じる美味しくてリーズナブルな食品や
農産物を販売する店にしたいという目的に向かってやっています。


より大きな地図で ふるさと館 を表示

ページトップへ